離婚をするうえでの手続き

calendar

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

article list

2017年08月25日
離婚調停に臨むまえにすべきことを更新。
2017年08月25日
いきなり裁判に持ち込むことはできないを更新。
2017年08月25日
知っておくべき離婚のケースを更新。
2017年08月25日
離婚を決めたら最初は弁護士に相談を更新。

離婚の相談をする時は頭の中を整理

あなたの離婚したい気持ちが強くなってくると、離婚について誰かに相談したい気持ちも強くなります。他の人の意見を聞く事によって離婚に踏み切る事ができたり、もう少し様子を見たりなど冷静な判断ができる可能性があります。そこで、離婚相談する時にはまずはあなたの頭の中を整理しておく必要があります。何を整理するかというと、なぜ自分が離婚したいのかを明確にしたり、本当に離婚したいのかを自分自身に問いただしてはっきりとした気持ちを持ったりなどあなたの気持ちを自分自身で再度確かめる事が大事です。離婚しても後悔しないような気持ちで離婚調停について他の人に相談する事によって、相手にもあなたの気持ちが強く伝わってしっかりと相談にのってくれます。中途半端な気持ちで離婚調停の相談をしても相談された相手も戸惑ってしまう可能性があるので、あなたの気持ちを明確にしておく事は大事です。また、離婚相談して離婚に向けて動く時には、将来のあなたの生活は大丈夫なのかについても考えておく必要があります。離婚すれば独身状態になるので自分の収入だけで生活する必要があります。そのためのプランも頭の中で考えて離婚調停について本気で相談する事も大事になってきます。

離婚を考えているときに誰に相談すればいい?

どんな事を相談したいかによって、相談する相手は変わってきます。離婚するべきかどうか、離婚したいかどうか悩んでいるときには、カウンセラーの人に相談するといいでしょう。心のサポートをしながら、親身になって解決までの糸口を見つけてくれるでしょう。しっかりとしたサポートに満足する人は多いようですが、1時間当たりにかかる費用は数万円程度だと言われています。相手が不倫していると思ったときには、探偵や調査会社に頼んで証拠を見つけてもらいます。調査の質や費用にはかなりの差が有り、数十万円から週百万円かかるところも多いようです。法律について相談したいときは、法律の専門家である弁護士に相談します。2人で話し合いが出来ない場合には、間に弁護士を立てて相談するケースは良く知られているのではないかと思います。弁護士に依頼をすると、相談する費用がないと言う人も中にはいるのです。そんな人には、自分で訴訟を起こすことも可能です。その方法については、家庭裁判所に家事相談室を利用するといいでしょう。しかし、今後どうすれば有利に離婚問題を進めていくことが出来るのかといった相談は、やはり家庭裁判所の家事相談室よりも、弁護士に相談するほうが適切な場合が多いと言われています。

離婚に対してお困りのあなたへ最後までしっかりと担当の離婚弁護士がお力添えさせて頂きます。 離婚に対して一人で悩みを抱えずまずはお気軽にご相談ください。 お子様のことに関しましても先々のことを考え最善を尽くしていきます。 2014年5月2日:中央経済社より「調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス」という本が発売されました。 離婚調停の弁護士をお探しならこちらから

update post

離婚調停に臨むまえにすべきこと

離婚調停はあくまでも納得のいく同意が必要 離婚調停は、家庭裁判所で手続きを行う必要があります。この…

more...

いきなり裁判に持ち込むことはできない

離婚調停と離婚裁判は異なる 離婚調停は、本人同士の話し合いでは問題を解決するのが難しいときに行う手…

more...

知っておくべき離婚のケース

離婚調停の流れ(不成立) 幸せの絶頂期と言っても過言ではない結婚。誰もが幸福を求めて結婚をしますが…

more...

離婚を決めたら最初は弁護士に相談

離婚の相談をするメリット 結婚生活を終わらせる方法は、一つしかありません。それは、離婚です。DVに…

more...