知っておくべき離婚のケース

calendar

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

article list

2017年08月25日
離婚調停に臨むまえにすべきことを更新。
2017年08月25日
いきなり裁判に持ち込むことはできないを更新。
2017年08月25日
知っておくべき離婚のケースを更新。
2017年08月25日
離婚を決めたら最初は弁護士に相談を更新。

離婚調停の流れ(不成立)

幸せの絶頂期と言っても過言ではない結婚。誰もが幸福を求めて結婚をしますが、残念ながら離婚に至る夫婦も少なくありません。円満に離婚することができればいいですが、お互いの意見の相違から離婚の話し合いが進まないこともあります。そんな時に行われる手段が離婚調停です。離婚調停は、裁判所で第三者を交えて当事者である夫婦が話し合うことになります。立会いになるのは、裁判官と男女1名ずつの調停委員です。
あらかじめ話し合いの方向性を決めてから、双方が納得できる落としどころまで進めていき、二人が合意したら離婚調停は成立したことになります。話し合いでは、離婚だけでなく離婚に関するすべての事柄を話し合います。財産分与や養育費などが当てはまりますね。離婚調停をしたいなら、まず調停の申し立てを行います。申し立ての際は、調停を申し立てる相手側の住所に近い家庭裁判所で手続きを行います。
離婚調停では、夫婦が別々に呼び出されて進める別席調停を行い、話し合いが進むにつれて同席調停となり、さらに発展した話し合いが繰り広げられます。話し合いの結果、離婚調停が成立した時点で離婚の効果が発生します。不成立になった場合は、離婚の法的な効果はありません。ここから裁判で離婚を申し立てるか、再協議または再調停を行うかを選ぶことになります。これが、離婚調停の一連の流れです。

話し合いなき離婚調停

おしどり夫婦として知られた、さる著名人の家庭に、実はお風呂が二つあることが公然の秘密になると、程なくして別居、そして離婚調停の道を辿り、正式に離婚が成立した、なんて記事が週刊誌を賑わせることも減りました。それだけ一般人の家庭でも、似たような事例が増えたからに他なりません。浮気や不倫がもとで離婚するカップルが増えています。芸能関係者に限らず、夫婦なのに同じお風呂を使いたくない心理は、夫なり妻の浮気が発覚して、相手を不潔に思う気持ちの端的な現れです。
そうなると離婚の話し合い以前に、夫婦の会話そのものが成り立たなくなりますから、問題の解決には第三者の介入が必要になります。しかし、問題が問題であるだけに、間に入ってもらう第三者は、単に共通の知り合いであるとか、夫婦とも気のおけない関係にあるというだけでは、適当ではありません。
どうしても専門的な知識を持っていて、法律に詳しい人でなくては、こうした問題の解決には役立ないからです。それの出来る人は、言うまでもなく弁護士です。とはいっても法律には、愛憎問題を解決する力はありません。そもそも法律は憎しみに対処する術を持ちません。しかし、法律は取り決めたことを履行させる際にはなくてはならない決まりです。養育費の問題なども、離婚調停で取り決めて行きます。

update post

離婚調停に臨むまえにすべきこと

離婚調停はあくまでも納得のいく同意が必要 離婚調停は、家庭裁判所で手続きを行う必要があります。この…

more...

いきなり裁判に持ち込むことはできない

離婚調停と離婚裁判は異なる 離婚調停は、本人同士の話し合いでは問題を解決するのが難しいときに行う手…

more...

知っておくべき離婚のケース

離婚調停の流れ(不成立) 幸せの絶頂期と言っても過言ではない結婚。誰もが幸福を求めて結婚をしますが…

more...

離婚を決めたら最初は弁護士に相談

離婚の相談をするメリット 結婚生活を終わらせる方法は、一つしかありません。それは、離婚です。DVに…

more...