離婚を決めたら最初は弁護士に相談

calendar

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

article list

2017年08月25日
離婚調停に臨むまえにすべきことを更新。
2017年08月25日
いきなり裁判に持ち込むことはできないを更新。
2017年08月25日
知っておくべき離婚のケースを更新。
2017年08月25日
離婚を決めたら最初は弁護士に相談を更新。

離婚の相談をするメリット

結婚生活を終わらせる方法は、一つしかありません。それは、離婚です。DVによって緊急に逃げる必要がある場合は、離婚手続きを取らずに逃げたり、警察に相談したりするわけですが、一般的なケースは、基礎自治体に離婚届を提出して、戸籍上の関係を解消します。結婚という制度は、税制上や社会保障上のメリットを夫婦に与えるという部分もあり、離婚後は、そのような優遇措置が取り除かれます。離婚調停の相談をするメリットは、そういう部分も含めて、離婚後の新たな生活をスタートさせるのに非常に重要です。離婚と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。真っ先に思い浮かぶのは、慰謝料という言葉だと思います。慰謝料は、浮気した場合だけでなく、双方で築いた財産を分けるためにも使われます。仮に、夫が働いており、妻が専業主婦だと、妻は、自分でお金を稼いでないため財産がないですからね。専業主婦で働いてきた労働単価を夫側が分与する必要性が生じるのです。しかしながら、その離婚事由によって、慰謝料の額が増減したりします。また、双方の離婚調停によって、慰謝料ゼロという結論に至るケースもあります。離婚の相談は、慰謝料に関することや離婚後の税制や社会保障等、お金に絡んだ話が非常に多いです。離婚後の再婚やお付き合い等、プライベートな相談は、まずないと言っても過言ではありません。

離婚相談する時の弁護士選び

離婚相談する時に、弁護士に相談する事を検討している人も多くいます。法律が関わってくる離婚調停に関しては法律の専門家である弁護士に相談した方が解決できる可能性が高いです。そこで、弁護士選びが大事になりますがなるべく離婚問題に強い弁護士に相談するのがお勧めです。弁護士にも得意としている分野があり、離婚問題を得意としている弁護士であれば離婚についての法律も詳しいですし、うまく離婚できる可能性が高いです。離婚問題に強い弁護士ですと、どのような場合が不貞行為になるのか、また相手の不貞行為を立証するためにはどうすればいいのかも熟知していますので、プラス要素が強いです。もちろん、離婚を得意としている弁護士の中にも実績が多かったり、裁判での勝率が高い人などさまざまですから、なるべく離婚問題をうまく解決できた実績が多い弁護士に相談します。裁判まで行くと、弁護士の力量によって判決が大きく変わってくる可能性がありますし、相手も弁護士を準備する可能性があります。さまざまな事を考えると弁護士選びが離婚問題においても重要な事が言えます。まずは、離婚問題をテーマに掲げている弁護士事務所を探して一番あなたから見て好感度が高い弁護士に依頼します。

update post

離婚調停に臨むまえにすべきこと

離婚調停はあくまでも納得のいく同意が必要 離婚調停は、家庭裁判所で手続きを行う必要があります。この…

more...

いきなり裁判に持ち込むことはできない

離婚調停と離婚裁判は異なる 離婚調停は、本人同士の話し合いでは問題を解決するのが難しいときに行う手…

more...

知っておくべき離婚のケース

離婚調停の流れ(不成立) 幸せの絶頂期と言っても過言ではない結婚。誰もが幸福を求めて結婚をしますが…

more...

離婚を決めたら最初は弁護士に相談

離婚の相談をするメリット 結婚生活を終わらせる方法は、一つしかありません。それは、離婚です。DVに…

more...