いきなり裁判に持ち込むことはできない

calendar

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

article list

2017年08月25日
離婚調停に臨むまえにすべきことを更新。
2017年08月25日
いきなり裁判に持ち込むことはできないを更新。
2017年08月25日
知っておくべき離婚のケースを更新。
2017年08月25日
離婚を決めたら最初は弁護士に相談を更新。

離婚調停と離婚裁判は異なる

離婚調停は、本人同士の話し合いでは問題を解決するのが難しいときに行う手段です。裁判所に仲を取り持ってもらって、夫婦関係を今後どのようにしていくのかを話し合うことになります。裁判所が仲を取り持つとは言っても、それでも本人同士が話し合いをするのは難しいときがあります。その時は、弁護士にさらに間に入ってもらって話し合いを行うことになります。
離婚調停は、元々夫婦関係に関して何らかの問題点があり、離婚を前提として話し合いを行うだけではなく、関係を修復して円満に解決するための手段としても用いられることがあります。そのため、本来の名称は夫婦関係調整調停と言います。夫婦関係調整調停の中で、特に本人同士が修復不可能な状態まで状況が悪化している場合に、離婚を前提とした離婚調停という手続きを行うわけです。
離婚調停の場合は、当人同士の話し合いが難しいわけですから、一方的に他方から申し立てを行うことが多く、離婚調停を申してた人は申立人として判断されます。一方で、申し立てを行われた相手の方はそのまま相手方と呼ばれ、それぞれ区別をして話し合いを行っていきます。法的な力は、間に入る裁判所の判断によって付与されるため、話し合いと手続きが終われば後は裁判所に任せることになります。

離婚調停の申し立ては相手の管轄で行おう

離婚調停は、裁判所が間に入って行う話し合いですが、刑事事件のように法廷でお互いが意見を言い合うわけではありません。調停室という個室で、申立人と調停員という人が話し合いをします。申し立てを行われた相手方とは鉢合わせをしないように配慮されていますので、安心して離婚調停ができます。基本的に、法律的に夫婦関係にある場合には、誰であっても離婚調停を申し立てることができます。
そのため、夫婦関係に不満があり、その解決策を模索している場合には離婚調停を申し立てると良いでしょう。既に子供がいる場合には、離婚調停の時に養育費や財産分野、または年金の分割などの話し合いも一緒に行うことが可能です。離婚調停と同じようなくくりにして誤解をされているものに離婚裁判が存在しますが、離婚裁判と離婚調停は全く異なる手続きであるため注意をしなくてはいけません。
これは、離婚に関連する法律的な解決を、調停前置主義という立場から考えているからです。日本の場合、話し合いで離婚に関連する問題を解決できる場合には、まず当人同士の話し合いや意見を聞くというスタンスを司法は採用しています。そのため、離婚調停と異なっていきなり裁判を起こして離婚をすることは実は難しいということを知っておくことです。

update post

離婚調停に臨むまえにすべきこと

離婚調停はあくまでも納得のいく同意が必要 離婚調停は、家庭裁判所で手続きを行う必要があります。この…

more...

いきなり裁判に持ち込むことはできない

離婚調停と離婚裁判は異なる 離婚調停は、本人同士の話し合いでは問題を解決するのが難しいときに行う手…

more...

知っておくべき離婚のケース

離婚調停の流れ(不成立) 幸せの絶頂期と言っても過言ではない結婚。誰もが幸福を求めて結婚をしますが…

more...

離婚を決めたら最初は弁護士に相談

離婚の相談をするメリット 結婚生活を終わらせる方法は、一つしかありません。それは、離婚です。DVに…

more...